PAGE TOP

美容液のあれこれネタ話

TOPPAGE > 女性の身体は、出産後しばらくの期間、妊娠中

女性の身体は、出産後しばらくの期間、妊娠中

女性の身体は、出産後しばらくの期間、妊娠中の状態とまったく異なり、ホルモンバランスも大聞く変化するため、多種様々なトラブルを経験します。

肌荒れやシワなどといった、肌に現われる異変もよく起こりがちで、悩まされている人も大勢います。

妊娠継続中ずっと続いていたプロゲステロン、エストロゲンといった女性ホルモンの分泌が出産を終えた途端、急にその量を減らし、これに加えてストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)の影響もあって、肌のバリア機能が弱って簡単に乾燥します。そうやって乾燥し、荒れた肌は大抵敏感肌も併発しますから、なるべく低刺激で肌にや指しい無添加製品を使いとにかく保湿を第一に考えたスキンケアに努めましょう。



とはいえ、あまり時間持とれないでしょうから、オールインワンタイプを使うなどの工夫は必要かも知れません。



ひとりひとりの人によって肌の質がちがいます。

普通の肌、乾燥肌、敏感肌など、さまざまな肌質がありますが、その中でも、お肌が敏感な人は、どんな肌のお手入れ商品でも合致するワケではありません。
万が一、敏感肌用ではないスキンケア商品を使用した場合には、肌に負担を与えてしまいかねないので、意識するようにしましょう。
アトピーの場合は乾燥に起因するかゆみもありがちですから、お肌が弱い人用の入浴剤を使ったり、保湿成分がたくさん入った化粧品を使うと良いですね。また、軟水で洗顔したり、体を拭いたりすることも悪くありません。

軟水には肌を刺激する物質が混じっていないので、敏感なアトピーの人にとっては適しているのです。シミに悩む人にとって最大の敵である紫外線ですが、あまり知られてはいませんが、ホルモンバランスの乱れもシミに大きな影響を持たらしているのです。
その主な症状のひとつであるのが、最近、CMで話題の「肝斑」です。肝斑を引き起こすと言われているのが、ホルモンバランスの乱れで、特に妊娠中とか出産後に多くみられることが特徴です。
それから、肝班をできやすくする行為としてピルという薬品の服用が挙げられ、原因が紫外線のシミと比較して完治する可能性が低いでしょう。
ニキビができる原因はアクネ菌なので、メイク用のスポンジやフェイスタオルなどを他の人と共有で使用していたり、肌に直接触れてそのまま洗わなかった場合などに、ニキビの原因であるアクネ菌がうつることがあるので注意が必要でしょう。また、自分のニキビを触った手で、顔の他の部分に触れると、その場所にもニキビができることがあるでしょう。

緑が鮮やかな緑茶は、カテキン含有量が多いことで知られています。

カテキンは、ビタミンCの酸化を抑えてビタミンCの作用を補完する役割をしています。



お肌のターンオーバーを盛んにし、白いお肌を保つ為にはビタミンCの力は欠かせないので、緑茶からビタミンCとカテキンを摂取できるなら、メラニン色素が沈着し、シミのもとになることを抑制する効果があります。テカテカしがちは肌の場合、水分が足りているような肌に見えますが、実は水分不足に陥っている状態、という場合が多いです。

肌の乾燥が表面化していないのは、脂っぽい肌は皮脂分泌が次々とされていますので、外からの乾燥だけは防げる傾向にあるためです。でも、この皮脂がが原因でお肌がトラブルを起こすことになりますから、顔を洗って、丁度よい状態まで洗い流すことが必要です。



個人差はあると思いますし、これはあくまで私個人の主観ですが、シワが顔と一体化し、顔の一部になる年齢は大体38歳だと思っています。



なに知ろ、この年齢になると体の疲れは中々消えてくれないし、目の下からどいてくれないクマや、見たくもないほうれい線が急に顏の中で存在を主張し始める気がするからです。

38歳になるまでは、肌の調子がかなり落ちていても、ケアを施せば次の日、すぐに復活を果たしていたはずでしたが、38歳になって、またそれ以降は肌がいい状態に戻るのに、少し時間がかかるようになり、疲れた状態が続いています。


元気になる日がくるのでしょうか。年々、年齢を重ねるにつれてお肌がたるんできたなと感じるものです。


そのように感じたら、お肌のお手入れで保湿をしっかりして、クリームなどを塗ってセルフケアをして、たるみが改善するように頑張りましょう。
それだけで、けっこう違うので、嫌がらずやってみることを是非オススメします。お肌のくすみを引き起こす要因として、過剰な糖分が起こす害を考えましょう。

甘いものをたくさん食べる生活がつづくと、化粧や、その他のケアが完璧でも黄色いくすみや、シミが目たつことがあるのです。コラーゲン(タンパク質の一種で、体の全ての組織に含まれていて細胞同士を繋ぎとめているそうです)の働きが、過剰な糖と結合することで弱められているのではないでしょうか。コラーゲン(タンパク質の一種で、体の全ての組織に含まれていて細胞同士を繋ぎとめているそうです)が糖に反応し、老化を招く物質に変わることをコラーゲン(タンパク質の一種で、体の全ての組織に含まれていて細胞同士を繋ぎとめているそうです)が糖化したと考えています。全身の老化を加速させないために、糖分の摂りすぎには注意してください。
Copyright (C) 2014 美容液のあれこれネタ話 All Rights Reserved.